杏仁豆腐って実は杏仁の入っていないモノが多いって知っていました?

先日、杏仁豆腐を食べたいなと思ってスーパーへ出かけてきました。ですが、ほとんどが杏仁の入っていない杏仁豆腐や、手作りキットでした。

 

へ?杏仁豆腐って杏仁が入ってないもの?いや、そんなはずはない。だって、以前漢方薬局で働いていたころ、杏仁を求めてこられるお客さんに、レシピを教えてもらったのですが、ちゃんと杏仁が入っていましたよ。

 

あいにくそのレシピは紛失してもう手元にないのですが、杏仁を自分ですりつぶすというとても大変な作業工程があったことを覚えています。

 

今日はその杏仁豆腐についてのお話です。

 

杏仁豆腐とは?

杏仁豆腐は中華料理を代表するデザートとして知られています。色は真っ白で、独特の舌触りと香りが特徴です。

 

作り方は、杏(アンズ)の種の中にある仁(ジン)と言う種子の部分を粉状にし、水と合わせてそのエキスを抽出した物に牛乳を合わせて熱を加え、寒天やゼラチンで固めます。

と、こう書くと簡単そうに見えますが、杏仁を粉末にして、エキスにする工程が大変なのです。

 

実際、レシピを教えていただいた当時、自分でも杏仁をすりつぶしたことがあるのですが、油分が多くてとてもじゃないけど、二度とやりたくないなと思いました。

 

杏仁豆腐に欠かせない材料の杏仁とは?

杏の種の中の核(仁)を指します。

 

漢方では「きょうにん」と呼び、のどや腸を潤し、咳止めや便秘薬として麻杏甘石湯や、潤腸湯などの漢方薬の原料となっています。この杏仁に牛乳や砂糖を加えたのが杏仁豆腐の始まりだそう。

 

中国北部産の苦みがあって薬効成分(アミグダリン)が多い苦杏仁と薬効成分(アミグダリン)の少ない杏仁、甜杏仁、甘杏仁があり、主に食材に使うのは後者。

 

種を割り薄皮を除いた粒は中華食材として手に入るようです。

 

ちゃんと薬効のある杏仁豆腐を作るために

冒頭の話に戻ります。近所のスーパーで、杏仁の入った杏仁豆腐を手に入らないとなると、自分で作ってみよう。面倒くさがりの私が簡単に作れる杏仁豆腐を模索してみました。

 

某レシピサイトを覗いてみましたが、これまた、杏仁の入っていないレシピのオンパレード。杏仁と似たアーモンドならまだしも、バニラエッセンスで香りづけというものまでありました。

 

そこで、杏仁豆腐を作るのに適した杏仁パウダーなるモノはないかと探し、見つけました。それは甜杏仁パウダー

 

早速取り寄せて杏仁豆腐を作ってみました。杏仁の香りの特徴となるベンズアルデヒドが含まれていますので、香りもばっちり。美味しかったです。

 

近々、薬膳講座をするときにこの杏仁豆腐を試食していただこうと思っています。興味のある方は是非こちらをご覧ください。→薬膳講座

 

ぜひ、本物の杏仁入りの杏仁豆腐を食べることで乾燥する秋を健康に過ごしてください。