• 投稿 2017/10/31
  • 薬膳
秋の潤いにおすすめ、お手軽レシピの紹介。~根菜のきんぴら~

よつ葉で購入した根菜。ごぼう、レンコン、人参。これにストックしていたこんにゃくを材料に、重ね煮風にきんぴらをつくってみました。

 

簡単なレシピなので紹介しますね。

 

これらの野菜は、乾燥する秋に、食べていただきたい食材です。簡単に、美味しくできますのでぜひ作ってみてください。

 

あ、先ほど出た、よつ葉は無農薬・減農薬野菜の宅配業者です。ちょうどキャンペーンをしているので、興味があれば、☆こちらの記事☆をみてね。

 

根菜のきんぴらレシピ

①細切りこんにゃく100g、細切り人参100g、ささがきごぼう90g、いちょう切りレンコン100gを、鍋に順番に入れていきます。
(レンコンの画像を撮るのを忘れたので写真はないですが)レンコンをゴボウの上にのせます。

 

②次に水を大さじ2杯入れ、ふたをして強火にかける。

③沸騰したら中火で火が通るまで煮る。

④みりん、しょうゆ、各大さじ1.5を加えて混ぜる。

⑤水気がなくなったらごま油小さじ1をまわしかける。

⑥仕上げにすりごまを手でつぶしながらかけて出来上がり。

 

今回使った食材の薬膳的な働き

秋の乾燥する季節にオススメのレンコンが入っています。その他の野菜も、さまざまの効果が期待できます。

 

こんにゃく
グルコマンナンという食物繊維を含み、便通改善にもってこいです。さらにこのグルコマンナンは腸内の老廃物や、毒素を体外に排出するほか、コレステロールを低下させる働きがあるので生活習慣病の予防にも良いですね。

 

性味・・・甘・辛/寒

帰経・・・脾・肺・胃・大腸

効能・・・整腸作用

 

にんじん
血を養い、肝の働きを正常にして、貧血や目の疲れ、視力低下の改善に有効。また、ベータカロテンを豊富に含むため、抗酸化作用が強く、免疫力を高め、がんの予防や老化防止に良いですね。

 

性味・・・甘/平

帰経・・・肺・脾・肝

効能・・・健脾・消食・滋陰・補血・明目

 

ごぼう
豊富な食物繊維が腸を整えて便秘の改善に良いほか、コレステロールの排出を促進するため動脈硬化の予防に良いと言われています。

 

性味・・・辛・苦/微涼

帰経・・・肺・肝・大腸

効能・・・通便・補腎・清熱・去風

 

れんこん
体にこもった余分な熱をさまし、体を潤したり、血を巡らせる働きがあります。

 

性味・・・甘/寒

帰経・・・心・脾・胃

効能・・・止渇・生津・清熱・潤肺・涼血・化お