肌の荒れ、喉のいがいがなどの秋の不調に困っていませんか?

9月も残すところあと10日を切りました。こちら大阪は日中はまだまだ暑いですが、朝晩は寒いくらい涼しい日もあります。すっかり秋ですね。

 

勤務先の薬局では、腹痛だけでなく、風邪の患者が増えています。皆さんも喉の調子がおかしかったり、咳が出やすくなっていませんか?

 

秋といえば、食欲の秋。食べるものが美味しくてついつい食べ過ぎてしまう。でも、夏に弱った胃腸をそのままに食べ過ぎると、下痢をしたり腹痛を起こしやすくなります。

 

おなかの調子を崩しやすいのはわかるのですが、風邪はどうしてかと思いませんか?実は、秋ならではの理由があるのです。

 

秋ならではの風邪とその原因

秋は大地が乾く季節です。特に夏の湿気の多い季節から乾く季節に移るちょうど今の季節は、この変化が体に堪えます。

 

秋の乾燥は身体のどこに影響を及ぼすのかというと、「肺」です。中医学では、「肺」は、呼吸器全般を指し気管支、鼻、喉を含めます。また、「肺」はお肌にも関係する臓器です。

 

この「肺」は呼吸を通して唯一空気に触れる臓器なのです。そのため外気の影響を受けやすく、風邪をひきやすくなります。

 

秋に行うと良い養生

大地が乾燥しているので、身体から水分を奪われやすい季節。ということは、これ以上身体を乾燥させないよう、身体を潤す食材で養生する必要があります。

 

その要となる臓器は「肺」。乾燥した空気を直接受け止め、肺に通じている肌や喉を痛めないためには、「肺」を潤すことが何よりも大切なんです。

 

また、「肺」の調子は肌にも現れます。肺の機能が落ちてくると、肌は荒れて乾燥し、さらにひどくなると痒みまで出てきます。

 

そうならないために、家庭でできることはやっておきたいですね。

 

お手軽でオススメなのは、。皆さんも梨を食べると、喉がすっきりしたり、喉の渇きが癒せた経験はありませんか?

 

梨には、体内の熱を取り、身体を潤わせてくれる働きがあるのです。なので空気の乾燥した秋にはぜひ積極的に摂りたい果物です。

 

そのほか、イチジクりんごもおすすめです。

 

食事では、冬瓜、苦瓜、きゅうりなどのうり系に代表される陰性の食べ物で身体の熱を取り、潤すことで養生します。

 

秋にやってはいけない養生

逆に、秋に摂らないほうが良い食材は何だと思いますか?

 

乾燥した秋には、肺は潤した方が元気になります。ということは、薬味のような身体を温める食材は控えたほうがいいのです。しょうがや、唐辛子ネギなどがこれに当たります。好きな方は、全く摂らないというのではなく、ほどほどに摂るようにされたら良いかと思います。