台北3日目(12/24)鼎泰豊ディンタイフォン

この日の朝食は軽く済ませ(大人はコーヒーとパン、子供たちはフルーツ)、鼎泰豊(ディンタイフォン)へ出発。

 

台北に来たからにゃ、これを食べずには帰れません!

鼎泰豊(ディンタイフォン)での食事

8:30頃ホテルを出発し、9:00に鼎泰豊(ディンタイフォン)到着。すでに並んでいて、オープンと同時にすでに並んでいた人たちが店内へ。あわてて並び、整理番号と注文票を受け取りました。

 

これです。日本語表記(笑)日本人が多いんでしょうね。メニューはこちら。

 

 

30分ほど待っていると呼ばれました。注文票を渡して中へ入り、待っていると、次々注文した商品がやってきました。早い!!

 

ココのはどれも美味しいです。(少なくとも食べたものはすべて美味しかった)

 

小龍包は言うまでもありませんが、へちまとエビ入り蒸し餃子も絶品でした。子供たちはお口に合わなかったようで、大人向けかな。

 

ミニあんまんも、あんこが子どものころに食べた懐かしい味で、もっと食べたかったけど、子供たちに取られました。。ミニあんまんは10こあったんですけどねえ。

 

ほうれん草炒め山蘇炒めも絶妙な味付けでナイス!!で、また食べたい~と思わせる味でした。

 

 

 

山蘇炒めはおおかた食べちゃってます。。。

 

山蘇は台湾に自生するシダ類に属し、台湾の先住民がよく食べる野生の山菜の一つだそうです。

 

日本でもスーパーなどで、手に入ればいいのになあ。一通り食べた所で、何か足りない!そう!小龍包を10皿頼んだはずなのに1皿しか来ていない。

 

店員さんに話すと、え??これは1皿でなくて10皿??とびっくりされました。やはり注文が多いんですかね。5人で、小龍包1皿10個入りを10皿は。どうやら、10皿はありえないと1皿と勘違いされたようです。

 

もめたけど、注文通り小龍包を運んでくれました。

 

あと、薬膳スイーツ(白きくらげの4宝デザート)も惹かれたのですが、すでにおなかがいっぱいだったので、あきらめました。白きくらげ、連子、ナツメ、ぎんなん、竜眼が入ったデザートです。

 

 

美味しそうでしょ?

 

とは言え、薬膳に興味のない他の4人は要らんというので注文はやめときました。満腹だったので一人で食べきる自信がなかったから。。。

 

今度来た時には絶対食べるぞ。